HOME>会社情報

高三物理ppt

 日本の鉄鋼業とともに歩み、2016年に創業50周年を迎えることができました。主に、鋼の連続鋳造用パウダー(鋳型内添加剤)の開発と安定供給に取り組み、現在に至るまで、国内外で、技術力と製品品質に高い評価をいただいております。今後も、お客様のニーズを的確に捉え鉄鋼業発展の一助となるべく、数多くの経験を活かし、一層の努力をしてまいる所存です。

江見 正博

高三物理镇江市一模

商号 日本サーモケミカル株式会社
(英文名:NIPPON THERMOCHEMICAL CO., LTD.)
設立 1966年5月31日
本店所在地 神奈川県藤沢市善行坂2-1-16
資本金 50百万円
株主 日鉄建材株式会社 100%
代表者 江見 正博
従業員数 46名 (2019年3月末現在)
組織
売上高 1,579百万円 (2018年度実績)
主要納入先 日本製鉄株式会社
JFEスチール株式会社
日鉄日新製鋼株式会社
日鉄ステンレス株式会社
株式会社神戸製鋼所
山陽特殊製鋼株式会社
愛知製鋼株式会社
主要取引銀行 三井住友銀行蒲田支店
みずほ銀行銀座支店

2015东城高三期末物理答案

旧)日本サーモケミカル株式会社
昭和41年(1966) 西独カールシュペーター社と技術提携し、前身である日本サーモフィン株式会社を設立(資本金500万円)
昭和43年12月(1968) 社名を日本サーモケミカル株式会社に変更。同時に国内初のCCパウダーテーミックス(粉末品)の製造販売開始
昭和46年8月(1971) 資本金2000万円に増資
昭和47年 日鐵金属工業株式会社にテーミックスの九州・山口地区への製造販売権を譲渡
昭和49年4月(1974) 市場ニーズによりサーモキャスター(粉末品及び造粒品)を製造販売開始
昭和55年(1980) 日鐵金属工業株式会社側の申し入れにより技術契約を解除
平成8年(1996) 同業者であったフォセコジャパン岡山工場を買収し保有設備である中空加工設備(スプレードライヤー)を稼動し中空顆粒の製造販売を開始。
平成9年(1997) 日中合弁事業(上海日建大中)に出資
平成12年11月(2000) ISO9001を取得
平成17年10月(2005) 国内総販売元株式会社NTCを統合。資本金を5000万円に増資
平成21年11月(2009) ISO9001:2008(JIS Q 9001:2008)認証取得
平成23年(2011) 社名を「株式会社STU」に変更、同時にCCP事業分野を分社化し社名を「日本サーモケミカル株式会社」に変更。同時に新「日本サーモケミカル株式会社」の全株式を日鐵住金建材株式会社に譲渡
新)日本サーモケミカル株式会社
平成23年2月1日 ~
平成23年 (2011) 2月
新社発足式(生産は藤沢工場と(株)STU岡山工場の設備を賃借)

4月
中空CCPを日鐵住金建材株式会社、鴨川工業株式会社へOEM化推進開始

10月
ノズルフィラーの製造販売中止決定し顧客了解活動開始
平成24年 (2012) 3月
中空CCPのOEM化完了
ノズルフィラーの撤退完了
岡山工場の生産中止、閉鎖
平成29年(2017) 11月
ISO9001:2015(JIS Q 9001:2015)認証取得
平成30年(2018) 8月
藤沢市で初の「ユースエール認定企業」に認定
0466-81-4430
PAGE TOP